足の脱毛 手が届くので自己処理の失敗が多い箇所です

足のムダ毛は自分でも手が届く範囲にあるので、ついついカミソリや毛抜きで自己処理してしまいがちです。
しかしこのようなムダ毛の自己処理は、数々の肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

特に多い失敗のなかに、カミソリ負けや色素沈着があります。
頻繁にカミソリで剃ってムダ毛処理をしていると、ついつい剃り方が雑になってしまったり、剃り後のケアを十分に行わなかったりしてしまいます。
これによって肌に傷がつき、痛みや赤みを引き起こしてしまうのですね。
ひどくなると、皮膚炎をおこしてしまって色素沈着を招いて、皮膚が黒ずんでしまうことになります。
せっかくきれいな足を露出しようとムダ毛処理をしているのに、これでは意味がありません。

 

毛抜きでの脱毛による自己処理に多い失敗に、埋没毛や毛膿炎があります。
毛根を無理やり引き抜いてできた毛穴に、汚れや角質がたまってしまい、次に生えてくる毛が出て来れず皮膚内にとどまってしまっている状態を埋没毛といいます。
また脱毛後の毛穴に雑菌が入って炎症をおこして、毛膿炎をおこしてしまう人もいます。
こうなってしまうと肌に跡が残ってしまいます。

 

このように手が届くのでと安易にムダ毛の自己処理を続けていると、肌へのダメージは計り知れないものになってしまうので注意が必要です。

足の脱毛 すね毛は実はとてもやっかいです

足の脱毛の中でも特に厄介なのがすね毛の処理で、脱毛サロンの人気脱毛箇所でも常に上位に上がるくらいです。
なぜそんなに厄介なのかというと、スカートをはくことの多い女性にとって、すね毛は常に人の目にさらされる状態にあるからです。
さらにすね毛は体の他の部位に比べて、太い毛がはえてくるので目立ちやすいのです。

 

すねは手が届かないわけではないので、自分で処理をしてしまっている人も多いですが、あまりおすすめしません。
丈夫に見えるすねの皮膚は、以外と薄く、カミソリなどでムダ毛処理をしている時にに知らず知らずのうちに傷をつけてしまうからです。
毛抜きで処理をした後に埋没毛になってしまうと、毛が太いだけに目立ちます。

 

こういったすねを中心とした肌トラブルを防ぐためにも、足の脱毛はプロの手で行ってもらうのが一番です。
現代の忙しい女性にとっては、数日おきに自分で足のムダ毛処理を行うのは負担になりがちです。
すね毛の処理の煩わしさから解放されるだけで、ずいぶんと楽になりますよ。